第 5 次 エネルギー 基本 計画。 問題を先送りしたエネルギー基本計画

現在は火力発電の出力調整で対応されています。 「近年、中国・インドの輸入量増加」という記述は、石炭需給や貿易量の変化を示すものとしては単純すぎる(間違っているとも言える)。 4億トンであり、2030年度には9. 太陽光発電は、中国とインドを筆頭とする急速な普及により、2040年までに低炭素発電容量の最大の供給源になる。

Next

2018年7月に発表になった計画は「第5次エネルギー基本計画」となります。 技術革新は日進月歩で進んでいる。

Next

さらにPRAにはすべてのリスクを網羅できていないという不完全性、自然現象や人為的な行為による不確実性が残る。 また原発オプション放棄による電力料金上昇を個人レベルでは許容できても激しい国際競争に晒されている企業にとっては死活問題となる。 産業部門をはじめ各部門において、これまでの延長線上にない抜本的な省エネルギーを実現するには、革新的な省エネルギー技術の開発が重要である。

Next

中長期的な需要構造の変化 人口減少等 我が国の人口は減少に向っている。

経済成長の視点の重要性 エネルギーは、産業活動の基盤を支えるものであり、特に、その供給安定性とコストは、事業活動に加えて企業立地などの事業戦略にも大きな影響を与えるものである。

原発リプレース、新増設の問題についても、ひたすら先送りするのではなく、大所高所に立った対応を期待したい。

Next

こうした国際的視点が一層必要となりつつあることは、エネルギー産業も同様である。

Next