推敲 の こう の 意味。 「推敲」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

「推」は「使ってもらえるように後押しすること」を意味します。 2-1.推敲後の作業が校正 順番としては 「推敲」で文章の内容を修正し、「校正」で誤りや間違いを直していくという流れです。

Next

推敲の「推」は「押す」、「敲」は「叩く」を、がした詩、文、など、をるである。 (そして、二人は)そのままたづなを並べて、しばらく詩について論じ合った。

Next

「校」は「双方を見比べて良くすること」を意味します。 決せざるに、して大尹を。 ・校正に取り組んでみたら、思いの外、間違っている部分をたくさん見つけることができた。

記事の中で「推敲を重ねる」と書いてしまった。 彼はウッドワードの書いた原稿を焦点が甘いと指摘し、推敲してみせる。 あくまでも、その文章が「読者に読まれて問題がないものか」という視点で確認をします。

Next

考え練り続けることでよりよいものが生まれるので、推敲は重要な工程であると言えるでしょう。 「推敲」と「校正」「校閲」の違い 「推敲」と似たシーンで使われる言葉に「校正(こうせい)」「校閲(こうえつ)」があります。

Next

ば、「私はを推敲するをた」「彼はに推敲に推敲をる人だ」というが。

Next