レペタン 坐 剤。 がん診療ガイドライン│がん疼痛薬物療法│薬理学的知識

メサドンとニューキノロン系抗菌薬のシプロフロキサシンやトリアゾール系抗真菌薬を併用することにより,メサドンの血中濃度が上昇する可能性がある。 NSAIDs は発熱時に産生されるPGE 2の合成を阻害することで,解熱作用をもたらす。 例えば,選択的セロトニン再取り込み阻害薬の多くはCYP2D6 阻害薬であるため,代謝過程における薬物動態学的相互作用によりオキシコドンの効果が強まる可能性がある。

Next

坐剤はレスキュー・ドーズとして用いることもできる。 嘔吐はモルヒネほどみられないが,不安,幻覚などの精神症状が発現することがある。

Next

副作用 0. つまり、直腸に直接刺激を与えると、便秘を解消させることができるのです。 なお、痛みの種類によっては、第一段階から鎮痛補助薬を併用する。 高齢者 65歳〜 レペタン注0. MSコンチンは、著しい脱水や下痢などがある場合、腸管からのモルヒネ吸収が阻害されて、十分な効果を発揮できない場合がある。

Next

4mgを1日2〜3回まで、 癌による疼痛には1回0. , Drugs, 17, 81-110, 1979. 突出痛が頻繁にある場合は徐放性製剤投与量の妥当性を再評価する。 [特 徴] オキシコドンは,経口,静脈内および皮下へ投与することができる。 海外では,2002 年からアセトアミノフェンの静注液が使用されてきたが,2013 年より本邦でも使用が可能となった。

Next

モルヒネは主に肝臓で代謝され、モルヒネ-6-グルクロニド(M6G)およびモルヒネ-3-グルクロニド(M3G)に変換される。 これは、とくに肝代謝・胆汁排泄性の高い医薬品において危惧される問題です。

Next

時刻を決めて規則正しく鎮痛薬を用いることの大切さの説明と、予想される副作用と予防策についての説明はあらかじめ行われるべきである。 6.高齢者。 貼付剤の使用中のレスキュー・ドーズには、通常、モルヒネまたはオキシコドンの速放製剤を使用する。

Next