不可思議 ラッパー。 不可思議/wonderboy Official site / LOW HIGH WHO?PRODUCTION

まだデビュー間もない頃から、大御所ラッパーであるZeebraから「RAUDEFはヤバい!」と絶賛されており、ライムスターの宇多丸も同様に「俺のレコード大賞」にRAUDEFを選出しています。

Next

YOUTUBE再生回数が、2020年9月時点で「1,200万回」を超える、驚異的な数字になっています。 無断で使用され、もっと言いたいことはあったかもしれませんが、この言葉が全てのように思えます。

Next

対する だーひーも、 「家族という 家庭、あんたを超えて進化の 過程、その上で 固ぇ韻が、どんどん出てくるぜ」 と同音異義語でありながらも意味が通っている言葉を吐きます。

Next

Nujabes(1974-2010) 1990年代後半、日本のヒップホップシーンに突如登場し、「ジャジー・ヒップホップ」のブームを生み出した伝説的なプロデューサー、Nujabes(ヌジャベス)。

そんな可能性を感じさせてくれたラッパーは後にも先にもトコナだけだ。

死後、入手困難になっていたTOKONA-XのCDですが、マスタリングなどの処理は行わず、当時本人が納得し、気に入った状態のままのものが再リリースされました。

原曲ももちろん素晴らしいのだが、ヒップホップトラックメイカー Nujabesのトラック「Reflection Eternal」のリミックスAyurの「I Miss You」を マッシュアップした下記音源の「生きる」が音・詩・声、共にあまりに美しい。 彼は確実にこの世に生きていた、生きていたという証言者がいる限り彼は何度でも生き返ると、歌詞から伝わってくる曲となっています。 「銀河鉄道の夜」や「世界征服辞めた」など、YOUTUBEでの再生回数が多い音源が収録されています。

Next

アメリカの亡くなったラッパー・シンガー 2PAC(1971-1996)&ノトーリアス・B. 亡くなる間際まで音楽制作に身を投じていた様子がYoutubeで見れます。