フロン 排出 抑制 法 第 一 種 特定 製品。 フロン対策(フロン排出抑制法関係)

に搭載されているエアコンで乗車のために設備された場所の冷房の用に供するものは、第二種特定製品であり、第一種特定製品ではありません。 点検討の結果、漏えいや故障等が発見された場合、漏えい防止のための修理を行う必要があります。

Next

自動車に積載してある業務用冷蔵庫、冷凍庫の冷媒フロン類は、自動車リサイクル法ではなくフロン排出抑制法の対象となります。 はこちらで確認ください。 フロン類算定漏えい量の報告• 機器の廃棄時にはフロン類を回収したこと(もしくは充塡されていないこと)を証する書類が必要• なお、第一種特定製品について、商習慣上の下取りを行う場合も、第一種特定製品引取等実施者となります。

Next

業務用冷凍庫 レストランやホテルの厨房で使用されるもの。

Next

それ以外の製品は、第一種特定製品(例えば、冷水機等)。 代替フロンには、塩素は含まれていません。 最終的に管理者の手元に残るのは、A票・E票・Z票です。

Next

機器にフロン類を充塡又は回収する必要がある場合、整備者は充塡又は回収を「第一種フロン類充塡回収業者」に委託しなければなりません。 フロン類を引取った第一種フロン類充塡回収業者の氏名又は名称、住所及び登録番号• [関連項目](兵庫県フロン回収・処理推進協議会HPより)(外部サイトへリンク) ・ ・ ・ ・ 兵庫県フロン回収・処理推進協議会 兵庫県フロン回収・処理推進協議会は、関係事業者、消費者、行政が一体となって、電気冷蔵庫、業務用冷凍機器、カーエアコン等に含まれるフロンを廃棄等の過程で回収し、回収フロンの的確な処理を推進するため、必要かつ関連する事業を実施していくことを目的に、平成6年12月に設立されました。 御不明な場合は、カタログを御確認するかメーカーにお問い合わせください。

Next

点検を行った機器の設置場所及び当該機器を特定するための情報• Q 150 フロン排出抑制法第42条の確認や説明の対象とならない「第一種特定製品が設置されていないことが明らかな建築物その他の工作物」とは具体的にはどのようなものを指すのか。