除湿 機 仕組み。 除湿機ってどういう仕組み??

コンプレッサー式の運転原理と特徴 電気エネルギーで除湿機に内蔵されているコンプレッサーを駆動させ、冷媒がガスや液体に変化による際の熱移動を利用した除湿方式である。

両方の特徴を持っているためハイブリッドという名称が付けられている。

Next

引用元:• 夏場に大気中の湿度が高まるのはこのためです。

Next

エアコンから冷媒(ガス)漏れしている エアコンは、冷媒を使って空気の熱交換を行っています。 ハイブリッド式は夏場はコンプレッサー式で除湿を行い、冬場はデシカント式で除湿するので夏場と冬場では電気代が違い、夏場はコンプレッサー式に近い金額で除湿でき、冬場はデシカント式に近い金額がかかることになります。 コンプレッサーを通して冷媒(フロンガス)を循環させ、冷却器で湿った空気を冷やして湿気を水滴に変えます。

Next

除湿能力と選び方 除湿機は、部屋の広さに応じた能力選定を行うのが基本となる。

Next

吸気口から湿った空気がゼオライトを充填したカートリッジやフィルターを通すようにして送り込まれていき、 通過する間に空気が乾いていきます。 夏場はコンプレッサー方式で気温上昇を防ぎ、冬場はデシカント方式で除湿能力の低下を防ぐため、1年中変わらない除湿能力を維持できるのがウリ。

Next

除湿機の仕組みにはコンプレッサー式、デシカント(ゼオライト)式、両方の仕組みを取り入れたハイブリッド式という3つの種類があります。 ペルチエ素子の最初の利用はコンピュウタ-の内部の空気冷却に使用されたが冷却効果がよいので内部の機器に水滴がつくので利用されなくなりましたが、その後、コンピュウタ-の機器類も常温で使用してもトラブルも無くなり最近脚光を浴びていると聞いています。 弱冷房除湿 弱冷房除湿は、部屋の空気を吸い込んだら熱交換器で空気の温度を下げて、水分を取り出し、そのまま部屋に戻すという仕組みで、 除湿とともに若干冷たくなった空気を放出するという仕組みで動いています。

デシカント(ゼオライト)方式の除湿器 水分の吸着性能に優れたゼオライト(乾燥剤)で水分を取り除く方式で、冷媒(フロン)を使わずに除湿可能。