筑波 大学 女子 サッカー。 KLSL|関東女子サッカーリーグ 公式サイト

帰国後は関東女子サッカー連盟を始めるなど尽力。

Next

就任当初の筑波大学女子サッカー部の印象について、平嶋ヘッドコーチはこう話す。

Next

しかし、高校の教員になるタイミングを逃してJクラブで働くことで、より高いレベルのサッカーにふれる、また、いろいろな人と出会う中で考え方が変わって行きました。 その理由については、 平嶋 昨年はプレシーズンから見ているわけではなく、かつ、関東リーグから降格しそうだったので残留させなければいけないし、大学リーグ(関カレ)は昇格させなければいけないという思いがあった。 筑波大学女子サッカー部は、オンザピッチ、つまり、 競技力の向上のみに重きを置くのではなく、オフザピッチでの取り組みにも、チームとして力を入れているのである。

Next

簡単なことではないが、オフザピッチ、オンザピッチの両方において、真面目に、主体的にに取り組むことができる筑波大学女子サッカー部には、それを可能にする力が秘められているのではないだろうか。 陸上とサッカーで必要とされる要素は、潜在的に共通している部分があるので、全く繋がらないわけではないと思います。

Next

全体的にみて個々の技術がそれほど高くない筑波にとって、相手によって戦術を変える今の戦い方は1番合っている。 千葉 レベルの差があると、どうしても全体の練習の質は落ちてしまうかもしれません。 その中でも女子サッカーの普及は、普及班を中心に特に力を入れている。

Next

つくばFC設立に至った経緯とは? アメリカから帰って来た後、筑波には私がサッカーを続けられる環境がなく、東京のチームに顔を出していましたが筑波から通うのが大変だったことと、少年団でサッカーをしていた少女達が、中学に行くとサッカーをする場がなくなると聞いて、「じゃあ、クラブチームを筑波に作りましょう」と。 医学類1年の谷井沙樹は、入学当初、サッカーを続けないことも考えたが、毎月テストがある中でも、週6日サッカーを続けるという今の生活を選んだ。 けれども、サブの選手を放っているつもりはないし、みんなを押し上げたいと思っています。

Next

大学4年次に女子選手が11人集まったことから筑波大学に女子サッカーチームを創設。

Next