暖房 何 度 設定。 飲食店での冬場の暖房温度設定のコツとは

2 カーテンをつけよう! 部屋の暖房効果が失われる原因と言えば、やはり窓。 暖房器具の設定温度を上げることでは解決できなかった肌寒さや足元の冷えも、ちょっとした工夫で改善できるかもしれません。 もしどうしても部屋のサイズに合わない暖房器具を使うしかないなら、アコーディオンカーテンや「ついたて」などを使って部屋を区切り、 暖める範囲を狭くするのもひとつの方法です。

また、外気温と室温が極端に異なることは、健康上あまり良いとはいえません。 エアコンの設定温度はあくまで指示であり、その部屋の適温を保証するものではないので気をつけましょう。

Next

もっと簡単に加湿するなら、洗濯物を部屋干しするのがオススメ。

3 フィルターと室外機で電気代の節約を! すでに紹介したように、フィルターの掃除が電気代の節約には重要。 サーキュレーターはエアコンの対角線上・かつエアコンの吹き出し口に向けて設置するか、真上に向けて設置すると効果的です。 すべてを実践しても良いですし、できることから始めてみるのも良いですよ。

Next

階段にカーテンを取り付けることで、上の階から降りてくる冷気をシャットアウトできます。 実は、 同じ室温でも、湿度が高めだと体感温度は高くなるのです。

ですが、実際にそのことに気づいて断熱性能の改善を実施・検討する方は非常に少ないのが現状です。

猛暑が問題となった今年の夏、さまざまなメディアで冷房の使い方が取り上げられました。 ほかの暖房器具を併用する際は、その製品の消費電力や使用する燃料代についても確認し、使い方を工夫することが大切です。