マウル タッシェン。 ヘルマン・ヘッセ作「車輪の下」の舞台にもなったマウルブロン修道院

塩 タネ : 小さじ2• 地元客で賑わう店内は、隣り合った人たちと自然に会話が弾むオープンな雰囲気です。 フレーバー付のために、パセリやナツメグを加えることもあります。

5ユーロとお得。 もともとはバイエルン地方の料理で、現在ではドイツ全土や周辺のオーストリア、チェコなどでも広く食べられています。 de 現地コンタクト Stuttgart-Marketing GmbH Nicole-Joy Henzler E-mail:nicole. ・茹でたり、スープにしたり、揚げたりして食べます。

Next

このロゼはなんと、ピノノワール100%でできています。 10m以上の高い天井の下は、修道士たちの食堂。 パスタ生地の中にひき肉、玉ねぎ、ほうれん草などを詰めた大きめのラビオリのようなものを、透き通ったスープに浮かべて頂きます。

Next

黒コショウ タネ : お好みの量• そのほかの見どころ 中庭を囲む回廊の奥には、私語が禁じられていた修道院内で唯一会話の許されていた談話室があります。

Next

中世の趣が色濃く残る院内 マウルブロン修道院の建設が始まったのは1147年。 パプリカ、キャラウェイ、マジョラムがたっぷりと入り、少しスパイシーな味わいです。 アルコールを飲めないときには ノンアルコールのドライゼロ!! また、ドイツ人の食生活において欠かせないのが、じゃがいも料理。

Next

の一種であり、のに似ているが、それよりも大きく、 8cm から 12cm の大きさである。