テセウス の 船 加藤 信也。 【テセウスの船】誰の目玉?かとうしんやの正体とは?原作第8巻のストーリー

だから…、騙すんじゃないでしょうか!?。 28年後(ドラマでは31年後)のみきおは、 実は歩けます。 なんでよりによってお前が拾う?! 自分がこれから計画していたことが実際に実行されて死者が出ていることを知ります。

Next

田中義男を襲い、家を燃やす 佐野家が、田村心の歓迎を兼ねた夕食を食べていた頃、田中義男の家で新たな事件が起きようとしていました。

Next

66話 真犯人の家 病院の医師からは退院はまだ早いと言われた心ですが、佐野が安静にさせるからとパトカーに乗り込む二人。 テセウスの船の作者の絵がうまいことは、少し読むだけですぐにわかるのですが、このシーンの画力と迫力は異常なほどです・・。 木村さつきが共犯ならどうしてさつきに青酸カリを盗むことをみきおは頼まなかったのか、そこが心には分かりませんでした。

生まれた時から殺人犯の息子という運命を背負わされ、世間から隠れるように生きてきた。 心が過去に行ったことで歴史が変わっていたのです。 そこにいるのは、「年老いた文吾」「年老いた和子」「姉の鈴」「慎吾」の 4人。

Next

しかしそこへ心が現れ、ともに1989年へタイムスリップ。

心と 母親は父親が逮捕されてからずっと、世間から後ろ指をさされ、身を隠すように生きてきた。 スリリングな展開が次々と起こり、「犯人は誰なのか?」「主人公は過去を変えられるのか?」が気になって、読み出すと止まらなくなります。 それは鈴が、文吾の家は転勤が多いからいつか戻ってきたときに掘り起こしたら楽しいかなと思い宝物を埋めていましたら。

Next

それは、あかねちゃんは翼に暴行されたときに抵抗した傷がたくさんあったのですが、首に痣(あざ)がありました。 しかし児童施設にはすでにみきおはいなかったのです• しかしこの時は待っても待っても明音が死ななかったため、首を締めたと自白。 佐野文吾の無実を証言しようとした佐々木紀子を殺害し、鈴をその犯人に仕立て上げます。

Next

そこにはさつきが死んでいた。 加藤信也とみきおの新しい犯罪計画 1989年にタイムスリップしたみきおは 加藤信也(みきおの叔父)と名乗って、子供のみきおに出会います。 写真を受け取った「心」は、なぜ自分が昔の写真に写っているのか困惑します。

Next