勾留 請求 と は。 勾留請求・準抗告とは?釈放を目指すなら泉総合法律事務所へ!

また手続きはどのような流れで進んでいくのでしょうか。

Next

勾留中に起訴された場合、起訴後も勾留継続となるのが通常です。 痴漢のケースでしたが、そのケースは、 勾留の理由とされた被疑事実(依頼者は否認していました)が仮にあったとしても、 その行為が痴漢となるかどうか疑わしいというかなり特殊なケースでした。

Next

もっとも、その後に罰金刑などになれば懲戒処分を受ける可能性などが出てくるので、リスク回避のためには、弁護士を立てて 不起訴処分を獲得し、 前科がつかない結果を得たいものです。 副部長は決裁を終えると、勾留請求書の表紙に決裁印を押します。

Next

この場合、保釈は認められません。 公然わいせつ罪 刑法174条• しかし、勾留されなかったからと言って、そのまま刑事手続きが終了するわけではありません。

同居家族なし。 例えば、始めは死体遺棄の容疑で逮捕し、勾留期間が過ぎたら殺人の容疑で逮捕するような形です。 正直、あまり気分が良いものじゃない。

「勾留請求却下率の推移」で記載させていただいたように、勾留請求却下が出されるのは、勾留請求された件数の1. 勾留手続きの流れ 勾留請求は検察官に被疑者が送致されたあと、2日以内に行わなければいけません。

Next

2 勾留決定の阻止 勾留請求されてしまった場合には、弁護士は、裁判官に対して、勾留請求を却下させるための弁護活動を行います。 拘束する人が警察から検察に変わるということです。

Next

逮捕後、当法律事務所が受任し、意見書を提出、交渉したところ、裁判所が勾留請求却下の決定を出し、れ釈放された。 身柄を拘束する理由は、証拠隠滅や逃走を防ぐためです。 ただ、勾留請求却下で、依頼者は釈放され自由になりますが、それだけで、事件が終わりになるわけ ではなく、捜査等の上、検察官の何らかの処分(公訴の提起・不起訴処分等)が行なわれ、初めて、事件が終了します。

Next