マイナ ポイント 決済 サービス。 マイナポイントのキャッシュレス決済サービスはどこがおすすめ?還元率ランキング

いずれもdポイントとして還元される。 適用について• 対象となる決済サービスは、マイナポイント事業の公式サイトで検索できる。 「いったいどの決済サービスを利用したらいいの?」という人のために、各社のキャンペーン内容を紹介します。

マイナポイント申込(=マイナポイントの付与を受ける決済サービスを選択)において、「d払い」または「dカード」を選択していること• 「普段使わない決済サービスを選んでしまって、無駄な買い物に繫がると意味がないので、日常の買い物でポイントを含めた2万5000円を無理なく使えるところを選びましょう」 Suicaなどの電子マネーは、タッチするだけで手軽に決済ができる。

Next

国の補助によるものなので、決済事業者、店舗、利用客のいずれも負担せず、利用者にとっては最大5000円分がお得になるというもの。 電子マネー nanacoは8月末までの登録でもれなく500ポイント上乗せ+抽選、 Suicaはもれなく1,000ポイントを上乗せするなど、各事業者はお得なキャンペーンを実施しています。 【その他】• 三井住友カード クレジットカードの三井住友カードは、購入金額に対して25%のVポイントを還元する。

Next

さらに第2弾として、マイナポイントにゆうちょPayを登録することで、1,500ポイント(1,500円相当)が付与されます。 ご自身の利用シーンを思い浮かべつつ、登録を検討されることをおすすめします。

Next

なお、還元はチャージした月の翌月上旬以降に付与します。

そうなると気になるのはポイントの使い道です。 うむ、笑っちゃうぐらいややこしいなあ。

Next

お一人様複数アカウントでご利用されたことが判明した場合、進呈対象外となる場合があります。 たとえば、LINE payとひも付けた場合は、LINE payアプリにLINEポイントとして還元されます。

Next

ポイント還元率ならLINEペイ ポイント還元率だけを目指すなら LINEペイが良いでしょう。