30 年 前 の 岐阜 新聞。 「2020年、人類の半数が伝染病に」…日本の新聞が30年前にコロナ事態を予言?

この予測は偶然なのか、こじつけなのか真相について次の項目で見ていきましょう。

Next

ノストラダムスの話にもなっていますが、「空から恐怖の大王が降りてくる」というキャッチフレーズ?は斬新で、子供心に怖かったものです。

Next

その上で、岐阜新聞が27日に、30年前の「予測」と今年の新型コロナの大流行では細かい部分でさまざまな相違点がある一方、「2020年」「伝染病」「免疫力低下」といったキーワードは共通しており、感染者数も世界人口の半数までいかないものの、すでに200カ国余りで発生しており、今後さらなる拡散が見込まれるなど、大規模な感染であることには相違ないとの見解を示したことを伝えた。 30年前にコロナ予言?見出し「2020年、人類の半数が伝染病に」SNSで話題(岐阜新聞Web) — くしぶち万里 元衆議院議員 kushibuchi 実は30年前から伝染病が流行るように計画をしていたのでは?という声や、驚きを隠せないWHOは的中!という声もありました。

Next

熱波による死者急増や、海面上昇による洪水などにも警鐘を鳴らしていた。

Next

毎日新聞. 北陸地方• 概要を表示 30年前、1990年5月2日付の朝刊にされたとが、会員制()上でとなっている。 日本銀行がそうするなら、私もそうする」と述べた。

ネットの反応 30年前に岐阜新聞に掲載された記事に関するネットの反応を見てみましょう。

Next

また猛吹雪により、の立往生や死者も発生した。 免疫力低下• 「一般的に、予言にはポジティブなものより、『地震が起こる』や『火山噴火が……』といったようなネガティブなもの方が多いですが、これは、たとえ外れても、誰も文句を言わないからなんです。 記事は、このほど日本のネットユーザーが「1990年5月2日付の岐阜新聞が、『2020年に人類の半数が伝染病にかかる』との予言をしていた」と紹介し、ネット上で議論を呼んでいると伝えた。

Next

当たるも八卦、当たらぬも八卦、ということか……。