主語 と 述語 の 関係。 述語とは

下図を見て欲しい。 先ほどの<ポイント>を2つとも クリアしています。 主語・述語とは? まずは、 基本的な意味です。

Next

(呼びかけ)• というような文です。

Next

述語と主語はセットで文のベースになるので、 述語を見つけるためには主語も一緒に探します。 動詞の後に目的語を置いている• (3)5W1Hで考える 5W1Hとは、「Who/誰が」「When/いつ」「Where/どこで」「What/何を」「Why/なぜ」「How/どのように」を指し示す言葉です。

Next

動詞・形容詞・形容動詞をまとめて用言という。 文法が少々間違っていても、 心に響く、共感する文章なら本は売れるんですね。 用言を含む文節にかかる修飾語を連用修飾語と呼ぶ。

Next

また、 主語と述語の関係を常に意識して書き、読み返したときに意味がわかりやすいかどうかを、しっかりとチェックすることも大切です。 主語と述語は、近くに置くこと です。

Next

)は、 主語(誰が、何が etc. 他の語例として次にようなものがあります。 述語に対して主格の関係に立つ文の成分。

Next

そこで、 主語や述語をさらにくわしく説明するために 「修飾語」をつけ加えるのです。 一つの文節に自立語は必ず一つあり、二つ以上はない。

Next

「野菜」は、「食べる」という動作を受ける対象なので、 この文には、主語がないということになります。 この服は安い。

Next