虫 かぶり 姫。 虫かぶり姫

白い石の様な姿をしており、畑に積んである藁などを取り除くと、いるという。

Next

みる君達も、 「あさましうさへなんある、けだかうこよなくもあるかな」など思いて、童を思ひて、「いみじ」ときえいり給ふ。

Next

そこで、仲間のものと語らって女装し、姫の父君が不在の折を見計らって、姫君の住んでいる邸に侵入する。 エゾマイマイカブリに近縁である。 これを一ものこさで追ひおこせよ、童」 と宣へば、突き落せば、はらはらと落つ。

Next

[ ] マンジュウクワセ 尾張国の犬山に出たという妖怪。 やはり漁が得意で、キジムナーの様に魚の目玉だけを取ったりしないという。 「化粧したらば清げにはありぬべし。

捕まえてみると、ただの鈴の入った鞠だったという話もある。

Next

前翅に3本の縦線がある。

Next

火葬場で死体を千体以上焼くと死霊が集まり、人の様な形になるという。 カタツムリを充分摂食した2齢幼虫は土中に深く潜って蛹室を形成し、内部で蛹になった後、羽化して成虫となる。