武富士 の スラップ 訴訟。 澤藤統一郎の憲法日記 » スラップ訴訟とは何か。どうしたらスラップ訴訟を根絶できるか。ー「DHCスラップ訴訟」を許さない・第55弾

「」 、2010年9月27日。 2月 - 開示された2009年12月期四半期決算短信から、資金調達の困難等により、に関する重要事象等の注記がなされている。 (2008年(平成20年)10月25日 - 不明) 脚注 [ ]• また、資料の中に武富士と警察の癒着を示す証拠があったことから、警察問題を追及しているジャーナリストの寺澤有氏に情報を共有。

さらに、寺澤氏が執筆した「週刊プレイボーイ」の記事への損害賠償請求は合計2億円にのぼった。

原告が訴訟を、被告が記事をそれぞれ取り下げたことで和解が成立した。 その後、会社分割は、(平成23年)12月31日までの間において管財人が定める日に延期された。

Next

そのためには、まずはスラップの被害を受けた当事者が大きな声を上げなければならない。

Next

たとえば、山岡氏が「月刊ベルダ」に執筆した記事については、山岡氏と発行元、編集長らに総額1億円、「創」の記事にも同様の訴訟が提起された。

Next

弱者の側が提訴する訴訟は、消費者事件にせよ公害事件にせよ、あるいは医療過誤訴訟にせよ、勝訴確実とはいえないものが多い。 「正直に言うと、吉村洋文大阪府知事が武富士の弁護団に入っていたとは、当時の裁判資料を見るまで信じられませんでした。

Next