モーツァルト ソナタ 545。 ピアノ・ソナタ全集&変奏曲集 バレンボイム(8CD限定盤) : モーツァルト(1756

ちょっと勢いの良い感じのになる。 その先生、音楽分かってんの? 当該曲はWAM 三十五年の生涯の晩年の作。

Next

そんな彼の曲ですから、素直に音を楽しみましょう。 楽譜も探しやすいし、 有名な曲から練習してもいいと思います。 1784年2月9日に作曲された変ホ長調KV449から 1786年12月4日に作曲されたハ長調KV503までの12曲であり、この期間はモーツァルトの短い絶頂期に当たっている。

またそのような記録のない作品であっても、たとえば、ウィーンでつくられた有名な「やさしいソナタ」ハ長調(KV545)をクラヴィコードで弾くと、現代のグランドピアノでは表現できない微妙なニュアンスを表現できるような気がしてとても楽しい。 楽器としてはチェンバロが想定されていた。

Next

続いて、上声部と低声部に対話風にあらわれるもう1つの副次主題があらわれる。

Next

」 「長年にわたって、 作曲に長い時間と膨大な思考を注いできました。 はじめの部分をゆっくりと弾き始めることで16分音符の部分も速度を保つことができます。 もちろんこれらの作品をすべて愛好家のためのものと決めつけるわけにはいかない。

それは多分、音が薄いからでしょう。 3-7. 「すみれ」や「人形の夢と目覚め」「スケーターワルツ」「アベ・マリア」なんかも優しい可愛らしい感じです。 モーツァルトはこの後しばらくピアノ・コンチェルトの作曲から遠ざかり、次の作品がつくられるのは、6年後、ウィーンに移り住んでからのことで、セットで作曲された3曲 KV413 - 415 が最初の作品グループである。

Next

音を保持するためのペダルは指で押さえていれば間に合ったし。

Next

[オカール] ジャン=ヴィクトル・オカール 「モーツァルト」 西永良成訳、白水社 1985• 全体的にと弾き方のコツは変わりませんが、個人的にはと比べて、ここでは音量を少し強めにしてみても良いのではないかと思います。

Next