戦争 体験 談。 ☆【沖縄県・不思議な話】 防空壕(ガマ)にまるわる悲しい心霊体験7選

言わば「」に純粋培養されたようなもので、他の世界を知らなかったので、心からのため、お国のために命を捧げても頑張らなければと思っていた。 そこから覗いてると、私の目の前で戦闘が繰り広げられているわけです。

Next

中には少年兵として実戦に参加した人も少数ではあるがいたはずである。

Next

一方、そんな戦争体験の風化への危機感が高まる中、戦争証言の動画や資料をデジタルアーカイブに残して、誰もがいつでもアクセスできるようにする取り組みがあちらこちらで活発になってきています。 その上、隣りの家の焼け跡に、直径30cm、長さ2m位の不発弾が突き刺さっているではありませんか。 とても大事な話なんです。

Next

西村カズ子さん(諫早市立石町)• みんな良い人で助けてくれたそうです。

Next

どんなふうに語るか迷っている方には、ドキュメンタリー番組・映画が参考になると思います。

Next

特に、被爆者証言ビデオには、被爆者 300 人以上の証言が収録されており、お名前、年齢、地図、爆心地からの距離などで検索できます。 紙に、平仮名で「びんたんきりかえをしやい。 私達の用海小学校は、大原小学校にお世話になることが決まりました。

Next

最後には、 「どのようにすれば後世に伝え、残すことができるのか?」といった思いに至るまでに気持ちが変化しました。 終戦後の時代には、先の大戦をどう思い返したか。 子供の頃のことなので詳しいことは覚えていないが、今でも思い出すのが、私が初めて覚えた中国語が彼らから教わった「クーニャンライライ(女古娘来来)」だったということである。