4 スタンス 理論。 4スタンス理論とゴルフ|【SPAIA】スパイア

4スタンス理論との付き合い方も解説されているので信頼できますね。

あくまで結果論であるということ。 つまり、 A1タイプ、A2タイプ B1タイプ、B2タイプ このように4つのタイプに分かれることになります。 クロスタイプはA1とB2に、 パラレルタイプはA2、B1に分けられます。

Next

逆にA1とB2は身体をクロスに使った方がいいとされています。

Next

人間は生まれながらにしてこの4つの部位のどこかに重心をかけていますが、それは個人によってそれぞれ異なります。 3タイプ4タイプのチェック について、それぞれ 複数のチェックをして、いちばん、このタイプに当てはまる、 というような見方をするのが確実です。 左足下がり:Aタイプはクローズドスタンスをとる。

Next

ゴルフスイングというのは要は再現性の高い正しいスイングを作ることによって、人それぞれタイプが違いますのでスイングに違いがあるように見えて当然という事です。

ガーターばっかり。 4スタンス理論は、結果的に再現性の高い正しいスイングができていれば、B2タイプであれば同じB2タイプのツアープロに似た動きになりやすいということです。 」 と語っていました。

Next

これまでの殻を破って格段に上達するかもしれません。 4スタンスの A2と B1がパラレルタイプとなります。 その次に 内体重、 外体重に分けます。

Next

何事にも我流と「わかっているつもり」が一番危険です。 4スタンス理論の4タイプとは? 4スタンス理論は 体の重心が 前か、後ろか(A、B) 内側か、外側か(1、2) をチェックし、さらに、 A/Bと1/2の組み合わせで、 体の重心がクロスしているのか、平行(パラレル)なのか、を考えます。

Next