福島 県 外出 自粛。 福島県、外出の自粛を緩和|緩和の程度は?

自分を守ること、そして自分の大切な人を守る行動が、医療現場の負担を減らし、社会を守ることにつながります。

Next

現状では、県西部11市の飲食店への午後10時以降の酒類提供自粛要請にとどまっている。 いつどこで感染が拡大してもおかしくないという、強い危機感を持って、感染対策に当たっていかなければなりません。 祭り、花火大会、野外フェスティバル等、人数の管理が困難な行事については、次のとおりの対応を行うこと。

Next

全国的な人の移動を伴うイベント(プロスポーツ等)については、主催者において選手・出演者等に対して適切な感染予防策(例えば、選手等に発熱や感冒症状がある場合の出場自粛、控え場所等における三密回避等)を講じること。

Next

現在、札幌市や大阪市、名古屋市、東京都など、大都市で感染が急増していることから、こうした地域へ移動する場合には、移動の必要性を慎重に判断していただくとともに、移動先においては、感染防止対策の徹底に加え、3密や大声を出す場面を避ける、会食や宴会は控えるなど、自分自身の身を守る慎重な行動をお願いします。 また、政府においては、業種ごとの感染拡大予防ガイドラインの策定など、感染拡大防止に向けた取組が進められており、県をまたぐ移動について全面的に解除することとしています。

Next

県内においては、10月に入ってから昨日までに、125名の感染が確認されており、1か月間で最多となった先月の92名を上回っています。 その他のイベント等については、適切な感染防止策を講じた上での実施をお願いいたします。

4月16日に、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域を全ての都道府県に拡大することが決定されました。 このため、県民の皆様には改めて、次の3つについて御理解と御協力をお願いしたいと思います。

Next