Cocoa アプリ 不具合。 iPhoneを機種変更した方は注意!COCOAアプリに不具合、厚労省が対処法案内

通知で書いてあることと、アプリで出てきていることが真逆のことだったので、「あれ? 利用者が画面上の送信ボタンを押すと情報が送られる仕組み。

Next

本件に関しては、アプリの不具合なのかどうかを含め原因を調査中です」と回答した。 今回、この不具合を厚生労働省が修正したとして、7月1日までに COCOAアプリのバージョン「1. COCOAは新型コロナウイルス対策のために何かができないかと、有志の技術者によって作成されました。

0を公開しました。 問題が1つ1つ解消され、COCOAの技術が有効に活用されることに期待したいです。 処理番号の発行も7月3日から発行を再開すると発表しています 2. 記事内でも紹介した通り、現在労働省からリリースされているiOS、アンドロイド版は試験版です。

Next

3割負担の自己負担額は、約4000円程度です。

Next

この不具合(バグ)の際には、本当に接触があったか確認する方法がありますので、ご説明いたします。 ご自身のスマートフォンにインストールして、利用いただきますようお願いします。

自分の暮らす地域を守るために 新型コロナウイルスの接触確認アプリ「COCOA」のコマーシャル。 COCOAバージョン1. 接触判定の際は、Bluetooth機能を利用する。 下の写真のようなプッシュ通知が出たにも関わらず、 アプリで確認すると、下の写真のように「陽性者との接触は確認されませんでした」と表示されてしまう不具合です。

Next

Android版の修正版は近日配布予定とのこと。 また、Androidは6以上、iOSは13. 処理番号の発行はしばらくお待ちください• Android版のアップデートは近日実施される。

Next