ボッコ ちゃん。 ボッコちゃん

初めて読んだときは中学生。

Next

その後ダッコちゃんブームが終焉したため、この短篇集はに入った際に本来の題へ戻された。

Next

著者 星 新一 出版日 2006-01-25 ハナコちゃんは花が大好きでした。

Next

『殺し屋ですのよ』 それと悟られないように人の命を奪うことができるという女。 星の代表作の一つであり、同作を含む短編集の題名にもなった。

Next

だから地球の男たちは、地球の女たちをみんな殺しちゃうの。 沢山作品があるから、おすすめを一冊に絞るのは難しいんだけど、一番代表的なのは『ボッコちゃん』かな。 SFの金字塔の星新一。

Next

文庫カバーに書かれている内容紹介によれば、 とても楽しく、ちょっぴりスリリングな自選50編 とのこと。 1000話以上書いてるから、正直当たり外れはある。 (星新一『ボッコちゃん』「おーい でてこーい」新潮文庫) やがて人々は、 穴にいろんなものを捨てるようになります。

Next

まず若者が「おーい、でてこーい」って穴に向かって叫んでみるんだけど、穴からは何も返ってこないんだ。 扱い方を間違えたけども。

Next