関西 大学 アド ミッション ポリシー。 教育活動に関する三つの方針(全学方針)

一般選抜では、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」「関心・意欲」を測ります。 様々な社会現象を捉える分析力。

震災の教訓を踏まえ、地域の人々と手を携えながら地域の発展に貢献する意欲がある• 高等学校における教科・科目を文理ともに広く学習し、高い基礎学力を有している者• そのような人格に必要な以下の能力を修得し、卒業要件を満たした人に対して学士の学位を授与します。 このため、次のような学生を求めています。

Next

人文科学、社会科学など多方面の分野に興味を示すとともに、総合的な理解力を持つ学生 〔求める要素:知識・技能、思考力・判断力・表現力、関心・意欲〕• 高度専門職業人、教育研究者として健康科学の実践の発展に貢献する意欲のある者• 入学試験の方針や出題の傾向について知ることができる アドミッション・ポリシーはあくまで入学者受け入れの方針であり、入学基準や試験実施の傾向を示すものではありません。 博士後期課程にあっては、言語と言語教育の分野の研究科目、演習科目を設置し、これらの分野で、先導的かつ指導的役割を果たすことができる専門家を養成します。 「地歴・公民」: 幅広い視野と総合的な知識。

英語教育の必修科目において英語を体系的に学び、「聴く」「話す」「読む」「書く」の4技能を総合的に修得すべく科目を配置します。 専門的職業人に必要な知識と能力の習得に意欲的な人 求める学生像 環境と人間に関わる諸課題に関心を持ち、人間や地域から地球規模に至る様々な問題の発見・解決に意欲的で、文系・理系にこだわらない新たな学問分野に挑戦しようという意欲を有する学生を求める。

Next

〇言語のエキスパートとして、広い視点に立って言語・言語教育の研究に意欲を持つ人。 一般選抜では、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」を測ります。

Next

まず求められるのは、旺盛な好奇心や新しい事柄に挑戦する創造性、物事を科学的に探求する論理性などです。 教育方針など大学としての方針と、アドミッション・ポリシーはどのように違うのでしょうか。 【健康科学研究科 修士課程】• 所定の年限在籍して、定められた要件単位を修得し、かつ、研究指導を受け、標準修業年限内に博士論文の審査および試験に合格した者に博士の学位を授与します。

私費外国人(留)学生特別選抜では、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・協働性」「関心・意欲」を測ります。

Next

〇英米語学科 多文化共生が求められる社会情勢のなかで、高度の英語運用能力を身につけさせると共に言語としての英語及び英語圏の様々な事柄に対する知識を教授することにより、豊かな教養を有し国際社会に貢献しうる自立した人材を養成する。