ウイスキー テイスティング グラス。 テイスティンググラスでウイスキーを深く味わおう|たのしいお酒.jp

銘柄やエイジングによって変わる濃淡や、貯蔵樽に由来する色の違いを見てください。

Next

気分的にはもちろんですが、ウイスキーの色味をしっかり楽しむためにも、曇りや汚れがあるとせっかくのグラスが台無しです。

ほどよい重さが心地良いものを選びます。 飲み方もストレート、ロック、水割りといろいろだ。 しかし、薄いグラスは取り扱いに注意が必要。

Next

多彩な香りを存分に楽しもうという趣向でしょう。 全員の意見が一致した例は他にもある。 。

Next

ワインセラー、デキャンタ、人間工学に基づく先鋭的なコルクスクリュー。 「価格を考慮するのも大事なこと…。 グラス選びの段階から飲み手を楽しませてくれるのも、シングルモルトウイスキーの奥深さなのかもしれない。

Next

さらにウイスキーの香りは形状がくびれてるほうが滞留するので、リムが多少狭まっているほうが香りを感じやすいとされています。 なお、世界的に有名な「ベネチアンクリスタルグラス」はソーダ灰や珪砂が主成分です。 丸みのあるカーブで削る「カマボコカット」。