倉本 一 真。 拝啓、父上様

3人が屋外に立っていると、「とっとり観光親善大使」の倉本真梨菜さんがやって来て、共に旅行することになった。 倉本:できない。 (右写真=アジア選手権でアリポフを攻めた倉本、撮影=増渕由気子) いずれも、倉本がテクニカルポイントを取って試合を優位にすすめているにも関わらずの状況だった。

Next

倉本:なんか、本当に人を大切にしたいとか。 一番良いときにやめろって、もう選手の信頼関係が壊れてる。 羨ましい限りです。

Next

いつも楽しそうに仕事をしている先輩や、遊び心を持った発想を引き出してくれる上司。

Next

本年4月にスタートした「やすらぎの刻~道」の1年分235話の脚本は、既に2018年10月に全て書き上げていたという。 まず、カテゴリーでいうと、トップのプロのカテゴリーは経験したいですね。 好奇心旺盛で業務以外に関しても興味のあることはすぐにチェックする先輩もいて、私自身も同じように少しでも疑問に思ったらなんでもこまめに調べるようになりました。

Next

「じゃあ他の選手がいるのか?」と言われれば、一軍のキャリアの豊富さなども含め 通年で出すと、何だかんだ結果を出すことはファンはわかりきっている。

Next

プロ選手になった人で印象に残っているのは? 倉本:なるほど。 山中: 笑。 だからこの監督が何を求めてるのかっていうことをちゃんと探って、それに自分の個性をアジャストしていくって、 15~ 6歳の子が言ってたから、どんだけ大人なんだと 笑。

Next