Youtube 概要 欄 の 見方。 YouTube動画の説明欄の書き方!再生回数を増やすための必須テク

基本的にYouTubeはアプリ版PC版にかかわらず上から順番に、• ハッシュタグは、今後のイベントや話題の人など、急上昇中のコンテンツで使用すると特に効果的です。

Next

心理学用語で 決定回避の法則というのですが、あまりにも 多くの選択肢があると、かえって 選びづらいものなのですね。 チャンネル登録をすると、チャンネル内部が見れるようになる さらに、 視聴者にチャンネル登録を促す方法って、これ以外にもたくさんあるんですよ。

Next

step 4「説明を追加」の右にある「ペン」マークをタップする 次の画面では、「説明を追加」の右側にあります、編集ボタンの 「ペン」マークをタップしましょう。 引用元: つまりユーザーにとって必要な情報なら紹介して良いということです。 アクセスが増えずに悩んでいる• ということで次に、3行目以降の説明欄の書き方についてお伝えします。

Next

その他売り出したい商品の紹介ページ ここらへんは必須で貼り付けておいたほうがいいでしょう。

Next

176• 動画のURLについては、管理画面である チャンネルのダッシュボードから 特定の動画の詳細画面を開きますと、 右側に「動画リンク」が表示されています。 どんなキーワードを書けば良いかは、以下の方法を試してみて下さい。 チャンネルURLの最後尾に「? 長い目で見るとフォロワー数は、大きな資産になり、YouTube動画をアップした際にお知らせして再生回数を増やすこともできますのでやらない手はありません。

Next

引き続きよろしくお願い致します。 では、なぜタグをつける必要があるのでしょうか? それは、タグをつけることによってカテゴリーを分類し、 関連動画として表示されやすくするためです。 「ホーム 動画 再生リスト チャンネル 概要」 この「概要」から、チャンネル説明文を変更したり、カスタムリンクを作成したりすることが出来ます。