日産 スカイライン 400r。 スカイライン 400R(RV37) × マフラー交換

足回りを鍛え上げ、いたずらに固めた印象はない。 5 GTS-4タイプXG 40thアニバーサリー• 330iとスカイライン両車はランフラットタイヤで乗り心地的には不利なのだが、スカイラインはなかなかやる。 男は黙って後輪駆動、という方はマイノリティーではないかと思います。

Next

コーナーの連続、特にS字カーブを右に左に切り返すような場面では、ステアリング・ホイールを切った瞬間にタイヤが向きを変える、その素早いレスポンスに驚かされる。 400R専用にチューニングされたダイレクトアダプティブステアリングにより、狙ったとおりのラインをスムースに通れる気持ちのよいハンドリングを実現。 ETC2. 楽しすぎて、思わず笑みが出てくる。

Next

5 GTS-4 タイプX 4WD• でも、待てよ。

またコーナリング時のロールを抑制してフラットな車体姿勢をキープ!!また、車内の静粛性は高いレベルにあると思います。

なお、400Rと通常のV6ターボモデルはそれぞれカタログ燃費が異なっており、WLTCモード燃費の10. ホイールの隙間からレッドのブレーキキャリパが覗く しかし、400Rの特別な演出はそれだけにとどまらない。 標準仕様のVR30DDTTは、出力224kW(304PS)@6400、トルクは400Nm(40. それゆえに、一般的なクルマと違ってキックバックと呼ばれる路面からの衝撃がハンドルに伝わることがない。 100V電源 自動運転• 前モデルはインフィニティのロゴだった。

0 200GT-t タイプSP クール エクスクルーシブ• ステアリングの動きを3つのECU(電子制御ユニット)が電気信号に置き換え、ステアリングアングルアクチュエーターを作動させてタイヤを操舵する。 DDTTという型式からもわかるように、DOHC(D)直噴(D)、ツインターボ(TT)である。 今回は「400R」に対して「300GT」と呼ぶことにする。

以前に試乗した「ハイブリッド」はもっと突き上げが強かったが、さすがはダンピングを可変としているだけあって、サスペンションが奇麗にストロークしている感覚が出ている。 国産セダンにおいて400psを超えるようなパフォーマンスを秘めたセダンは、スカイライン「400R」以外には1000万円級のハイエンドモデルだけしか存在しない。

Next

たとえば路面の段差や橋の継ぎ目を越えた時、普通はその衝撃がハンドルを通してドライバーの手に伝わる。

Next