世界 で 一 番 美しい 元素 図鑑。 じじぃの「自動車用触媒・世界で6番目に高価な金属・パラジウム!美しい元素図鑑」

馴染みのないものについても、叙述は詳しい。

本書は、今までに発見された、118元素すべてを取り上げ、身近にあるものがどのような元素からできているのかをビジュアル的に紹介しています。 また、元素によっては、そのカタチで存在する時間が極めて短いため、左側のページになかなか元素そのものの写真を載せられないというものもあります。 これら分配の要因の一つは各元素の酸素に対する親和力の差によるものと考えられる。

Next

そのころまで、ガラス製の蒸留器で水を蒸留するとき、蒸留器の底に残る土状物質は水から転化したものと考えられていた。

Next

石鹸や溶剤、油脂、岩と鉱石、ロープと繊維、甘味料や香水など、 本書はこの世界を形づくる無数の化学構造のなかから最も興味深く、 美しいものを選び出し、華麗な写真とユニークな解説で探索します。

Next

セオドア・グレイ/著 創元社 2010. その他にも「東京にエアーズロックを持ってきたらどうなるか」などが図で説明されている。 ・監修は 若林文高(やし ふみたか)さん。

Next

[中原勝儼] 錬金術師による物質変換の試みこのような第一物質ないしは空を通して四元素が互いに変換し、またすべての物質をつくるという考え方は長い間信奉されていたが、その考え方に従って物質変換を試みたのが中世の錬金術師たちである。 子供のころに遊んだ、引っ張るとどんどん伸びるのに丸めて床に落とすとスーパーボールのように跳ねる蛍光色のスライム状のおもちゃも、ホウ素を活用した素材だったと知って驚き。

Next

(ただし、これは現在分かっているだけで、まだ未知の粒子があると期待していますし、最近は見えない粒子の存在もかなり現実味を帯びてきていますが。 本書はみなさんに化学の世界がどんな仕組みになっているのかの手ほどきをし、みなさんがその世界の問題を詳しく見るための認識力を身につけるお手伝いをすることでしょう。