倫理 原則 看護。 4つの原則

このように、医療を受ける患者の弱みに付け入ったり、看護師の立場上得られる力を乱用しない、というのが患者・看護師の間における信頼関係の基本である、としている。 [ ]• 出典 [編集 ]• 医療事故発生時は、事実を隠すことなく誠意をもって対応します。 看護師は、遺産や形見を受け取らない。

Next

自治体病院として他の医療機関では対応が困難な政策医療を提供します。

Next

危害を避けることは、恩恵を与えるよりも、さらに厳格ですべての人々に対する倫理的義務です。 文化と言語 [ ] さまざまな文化的宗教的背景を持つ人々が米国などの他の国々に移動するにつれて、すべての人々に最良のヘルスケアを提供するために、すべてのコミュニティに対して文化的に敏感になることがますます重要になっている。

Next

この15年の間には、たとえば主治医と看護師サイドの認識の違いから、患者に十分な看護ができないとか、終末期にある患者の意向を尊重したいと考えているが、家族が反対していて患者の意思を尊重したケアができないと看護スタッフから相談されている……等々。 これらのオンライン診断ウェブサイトを作成するためのヘルスケア、ビジネス慣行、コンピュータサイエンスおよび電子商取引の急速な統一に伴い、ヘルスケアシステムの倫理的機密性基準を維持するための努力も同様にし続ける必要がある。

Next

信頼される医療を提供するために、十分な説明と情報を提供し、治療方法などを自らの意思で決定できるよう支援します。

臨床倫理に関連して、、という記事も書いているので良ければ参考にしてください。

Next

しかし以下のような点において異なります。 利益相反行為 [ ] 医師は、の立場が医学的判断に影響を及ぼすことを決して許してはならない。 それが1947年に導入されたように、この文書はナチス戦争犯罪と大きな関連性があるものである。

Next