バイ 貝 下 処理。 ムール貝の下処理

漁期は初夏のたった2週間ほどで、 めったに揚がらず希少なものです。 下処理の方法と毒の除去 続いて下処理の方法をご紹介していきます。

Next

手で簡単に引き抜く事ができます。

塩をキレイに洗い流し、キッチンペーパーなどで水気を拭き取ります。

Next

その理由はこちら• 内臓をとる 次に内臓を除去していきます。 ホンビノス貝の表面には、食中毒の原因になる雑菌が付着していることがあるので、流水でゴリゴリとお米を研ぐようにこすり洗いをします。

Next

5、お好みでレモンを添えて盛り付けたら完成です! 今回はアクセントにブラックペッパーを少し振りかけてみました。 ホンビノス貝を塩水につけて体内のものを吐かせることは「モヤ抜き」といわれています。 殻の膨らんでいるところに穴をあけると引き出しやすくなるが、エッチュウバイの生殖腺などの内臓は螺塔の先までしっかりと巻き込んでおり、殻を割らず、途中でちぎれないように全部引き出すのはかなり難易度が高く、殻を割って取り出すことをお勧めする。

Next

まな板に直接置いてさばくと色落ちしますので、ご覧のようにアルミホイルを敷いたり、あるいはがラス板・アクリル板などの上で開きます。 水道水を使って海水と同じ濃度の水を作ります。

Next