巨艦 巨砲 主義。 日本は大艦巨砲主義だから負けたという風潮

冒頭文に他に案があれば草案を提案されるか、出典とともに定義文を提案していただけると助かります。

Next

太平洋戦争開戦時、日本は戦艦を10隻保有していましたが(大和型2隻は戦中に就役)、いずれも軍縮条約以前に建造された戦艦で、最も新しい戦艦陸奥でも就役から20年が経過していました。 なぜ大和は建造された? 当時の状況と判断について、先に挙げた澄川2等空佐が、空自の部内誌で以下のようにまとめています。

Next

Google 翻訳を使ってポーランド語も見てみたが、相当する語句はなさそうだ。

Next

同じ数字を見比べても解釈次第(例えば改装空母の扱いなど)で簡単に考察・記述が逆転するのはこれこの通り。 --() 2018年7月10日 火 11:11 UTC 私からは、「ルールに従って編集 除去・加筆 しましょう」としか申し上げようがありません。

Next

実際Wikipediaの他言語版で大艦巨砲主義を解説してるのは、日本語版を訳した中国・韓国語版しか存在しない。 こんな国は当時、どこにもなかった。 (軽視されがちだが、戦艦は動かす為の燃料費も、護衛艦と比べるとバカにならない。

Next

概要 の技術発展に伴い、威力が増してくると、に多数のを並べることがむしろ弱点を晒すことになるため、その数を減らし、一門あたりの威力をあげることが重視されるようになる。

「船体が大きい」「重装甲」「大口径の主砲を備える」といった特徴を持つやなどが擬人化される際、での美少女に描かれることが多い。 そこで大型の軍艦に大型の砲をより多く搭載しようという考え方が大艦巨砲主義であり、19世紀末から20世紀前半まで主要海軍国で支持されていた。

これは上述の理由の通り、大艦巨砲主義に由来するものではありませんでした。 ただし、もちろん、巨大戦艦は神仏などではなかった。

Next