玉虫 塗り。 漆芸の至宝「玉虫蒔絵」 稲忠

蒔絵(まきえ)は、漆工芸技法の一つである。 他の技法や現在の塗装技術では真似する事ができないので、一目見ればこの位牌は玉虫塗位牌だと分かる程とても美しいお位牌です。 ご希望の場合はコメントください。

Next

企業紹介 宮城県仙台市青葉区上杉3-3-20ユナイト上杉ビル1F TEL 022-222-5401 FAX 022-222-5462 東北工芸製作所は、商工省工芸指導所と東北帝国大学金属材料研究所とが協力して昭和8年に仙台市に創設されました。 グラデーションが札板部分から台座部分に向かって段々と色が濃くなっていき、その部分に蒔絵が施されることで、まるで今にも風に吹かれて動き出しそうな程、美しい萩の絵が描かれています。

細長い米型の甲虫で、全体に緑色のがあり、背中に虹のような赤と緑の縦じまが入る。 くりぼんさんのブログを拝見して、おっしゃるようにクリップも リングもない方がシンプルで素敵だと感じました。 2,工芸品でありながらモダンなつくり 玉虫塗は通常の漆器と異なり、「銀粉」という粉を振りまいた上に、「染料」を塗るという独特の手法が用いられています。

Next

NHKニュース おはよう日本 2020年2月10日 楽天野球団の創設から15年ぶりにユニホームが変わったと言うニュースがありました。

Next

よく乾燥させてから、紅色や緑色の透明漆を塗り、呂色漆(ろいろうるし)(良質の生漆に鉄粉などを着色材として加えた無油の黒漆を言います。 クリップには回り止めとしての機能もありますが、転がるようなところに置かなければいい話なので、必要ありません。

Next

新たな試みは知名度を上げるチャンスととらえています。 忠実に形を作り、木地を彫り、漆を塗り、金具を作り、蒔絵で絵をつけ、ヤマト玉虫の羽を貼る。 金銀の薄板を定着させる「平文(ひょうもん)または、平脱(へいだつ)」や漆器表面に溝を彫って金銀箔を埋め込む「沈金(ちんきん)」、夜光貝、アワビ貝などを文様の形に切り透かしたものを貼ったり埋め込んだりする「螺鈿(らでん)」などとともに、漆器の代表的加飾技法の一つである。

Next

でも選んで下さった万年筆は、落ち着いた色あいで気に入りました。

Next

銀粉まき 表面に銀粉をまきます。 煌びやかな翠緑(すいりょく)の輝き。 1,仙台生まれの伝統工芸品 玉虫塗は昭和初期、仙台発祥の漆工芸品です。

Next