簡単 マスク カバー。 マスクのカバーの作り方

やりやすい方で。

Next

布を表に返して、片方の縫い目から、12cmの部分に印をつけます。 ただしミシンを使って縫う場合は、ラミネート生地の性質上、綿素材など一般的な布に比べて布が滑らず縫いづらいという難点があります。

Next

マスクカバーの生地選びのポイント 白地に柄がはいっているものが、肌当たりがやわらかいです。 ぬいしろ1cmで縫い合わせます。

Next

出典:筆者撮影 2.カットしたフェルトを半分に折り、出っ張りの部分にホックをつけるための穴を開ける。 マスクにもなるマスクカバーの作り方 せっかく手作りするなら、機能的なマスクがいいですよね!こちらはマスクとしてもマスクカバーとしても使える、2WAYマスクの作り方。 型紙にプリーツを折る 型紙にプリーツとなる部分の線を引いていきます。

Next

マスクの表に出る柄の折り方を変えると、イメチェン。 【私とミシンの基本スペック】 ミシンは1998年製で、壊れているため直線縫いのみ出来る母親のお下がり。 なので マスクカバーを付ける方によって全く変わってくるので調整しながら作ってみたほうがいいかもしれません。

Next

ペラペラしないように中にクリアファイルを芯 仕込んでいます。 ラミネート生地を使う場合は、滑りを良くするためのシリコンスプレーを吹きつけることでスイスイ縫うことができるので、活用すると便利でしょう。