Obs 同時 配信。 ニコ生とTwitchのコメントを混ぜて画面表示

OBSのバージョンを確認する まず前提として、 OBSのバージョンが25. 世界的にはゲーム実況はtwitchなので、そっちでも配信してみたいと思い、どちらでも活動中です。 私も、それについては、聞く予定でした(笑) AVアンプの記事からの派生記事になります。

Next

これでWebカメラ画面の追加は完了です。 設定のガイダンスが出ます。

Next

変換に遅延が起きるので、シューティングゲームなどには支障をきたします。 OBS25. ここまで落とせば負荷が半分以下になります。 私も何度も聞かれました。

Next

スクロールすると [エンコーダの設定] の中にストリームキーがあるので、それをコピーしOBS側に貼り付ければ連携完了です。 OBSに接続ができていれば、選択肢から選ぶだけでOKです。

Next

後は、OBSの配信終了をクリックしてあげるだけです! OBSを使ったYouTubeのライブ配信の流れは以上です。 ioを使うことができるようです。 あの時はrtmp-streamのソースコードからもう一つのDLLを作ってダブル配信できました。

ゲーム用のPCからの映像をキャプチャーボードに出力し、新しく買った配信用のPCへ入力します。

Next

Twitterで「OBS 同時配信」と検索すると、この機能に要求する方は多いようだ。 指定する場合はFPSの5~10倍だが、600以上を指定するとバグるらしい。 RTMPサーバーとキーは、配信サイトから取得できます。

0で転送するために圧縮された動画ファイルになります。 2-Full. exeを実行します。

Next