訴え の 利益。 ロー生が訴えの利益を理論的に説明してみた!【行政法その4】

各要件の充足性を検討する、という法律答案の基本そのままを書けば良いからです。 なお、訴訟制度の機能維持という要請はひろく存在するので、 と についても、訴えの利益、つまり、本案判決を受ける正当な利益ないし必要性が審査される。

Next

そして、確認の対象となりうるのは、原則として、権利関係に限ります。

Next

訴えの利益が認められない場合 訴えの利益が認められない場合としては、行政庁による救済がなされた場合、処分等の執行による消滅などがあります。 学習するには 基本講座-民事訴訟法12 第1審(4). 訴えには求める請求のによって,,,の別がある。 これを俗に「門前払いの判決」という。

Next

27) 衆議院選挙があり、その後、解散があると本件選挙の効力は将来に向かって失われたものと考えられています。 これを欠く訴えは不適法として却下される。

Next

そうすると、債権差 押分は、徴収吏員が差押えた債権の取り立て を行ったときには、 その目的を達してその法的効果は消滅するものと解され 注5 、ほかに債権差押処分を理由に滞納者を法律上不利益に扱う法令の規定も存しないから、被差押債権の取り立てにより債権差押処分の効果が 消滅した後において、なお、当該債権差押処分の取消しによって回復すべき法律上の利益はないというべきである。 客観的 物的 併合と主観的 人的 併合に分かれる。 ところが累々と受け継がれてきた処分行政 庁側の法律解釈は、「さにあらず」です。

Next

これにより被告の利益も消滅したことになります。 判例は離縁の場合についても、最判昭和62年7月17日民集41巻5号1381pで、離縁が無効だと主張する原告に対し被告がそもそも縁組が無効であったと主張している場合でも、訴えの利益が認められるとした。 そうすると,仮に本件裁決が取り消されたとしても,控訴人が,収容から放免され,国外への退去を強制されないという法的利益を受ける余地がないことは明らかである。

Next

間違えがあるかもしれないので、もしあったら、ご指摘ください。 まさに、コンクリート化された決定・裁決 及び判決パターンの先に見えるのは、極論すれば、どんなに違法な給料等の差押処分が、 幾度となく繰り返されたとしても、取立てを完了してしまえば、全ての処分に対して不服を申立てたとしても、「請求の対象である財産がすでに消滅しており、請求人には請求 訴え の利益はない」と、100パーセントが「門前払い」されることになる。

Next

これをここではわかりやすさを込めて安西先生ルートと呼ぶことにしますね(もちろん一般的に言われているわけではなくこの記事だけです。 ただし,簡易裁判所に対する訴えの提起はでもできる。 通常問題となるのは、処分の直接の相手方ではなく、処分と何らかの関連がある第三者が、処分の取消を求めて訴えるようなケースです。