ブルー レンズ メガネ。 何が違うの?【ブルーカットレンズ比較】

特に度入りのブルーライトカットメガネを作る場合は安くとも一万円弱かかる見込みなので、後悔しないようしっかり吟味したいですね。

Next

(画像では分かりづらいので、気になる方は100均のブルーライトカットメガネで試してみてください。 また、後ろから蛍光灯や日光を受けると、メガネの端にプリズムのような光がチラチラして、作業の際気になってしまうことも。

一方、紫外線は肉眼では見えない光線によるもので、「まぶしさ」と「紫外線」は別物です。 (JISよりBSの方が数値が高く表示されるようなのでカット率が高く表示されているのはBS表記かもですね。 。

Next

この価格差に関する個人的な見解はこちらです。

本来であれば、ブルーライトカットメガネはパソコンやスマホを使用するときに使い、それとは別に普段使いの眼鏡を用意し、用途別に分けるのが望ましいです。 ただ、外出先が多い分、取引先やお客さんと接する機会が多い仕事であれば、あまりカラーレンズと分かるようなメガネを着用するのは控えた方が良いでしょう。 レンズ代不要の方は多少黄みがかった感じですが、こちらもまだクリアに近い感じです。

Next

視界の邪魔にならない設計• 60、中心肉厚2. また、カラーレンズをしていると瞳孔が開き気味になり、より多くの紫外線を吸収するといわれています。

Next

なおZoffの標準レンズは球面で、薄型非球面への変更費用は8,000円(税別)~となっています。 というのも、ブルーライトカットメガネは本来、パソコンやスマホから発せられるブルーライトを弱めて通常の光と同じにする効果があるからです。 また、レンズの表面はもちろん、裏面にもコーティングを施すことで、様々な方向から目に入る有害光を防ぎます。

Next

shopping. ブルーライトの カット率が 50% BS規格 前後を 超えると、 見え方が 茶色っぽく なっていることに 気づきます。 yahoo. 年齢が30代後半以上で、デスクワークが長時間、さらに今ご使用のメガネで意外と遠くが見えている、という方は要注意です。 スポンサーリンク 目次• 450nmの波長では約50%透過していますので、逆の表現をすれば「450nmの光は約50%カット」していると言えます。

Next