伊勢丹 ラグジュアリー。 三越伊勢丹がラグジュアリーECストア「NOREN NOREN ISETAN MITSUKOSHI」を新設。メゾン マルジェラ、ロエベやフェラガモなどを展開

ブランド数の拡大に加えて、ファッション誌「VOGUE JAPAN」と連携したデジタルマガジン「PEEK-A-NOREN WITH VOGUE JAPAN」が本格始動し、旬な情報を発信する。 ていうか普通フッターとかにリンク貼ってるんですが、サイト内でリンクも見つからず。

Next

このあたりのコンテンツマーケティングは日本の百貨店のみならず、ECモールでもできてないところがちらほら見られます。 一応毎日投稿はしているみたいですが、工夫されている印象はありません。 秋以降には、グループ力を生かし、食品、リビング、旅行、飲食など、カテゴリーを拡大しながら、ブランド数、取扱いMDを増やし、ライフスタイル全般にわたって、モノ・コトを提案するラグジュアリーオンラインストアを目指す。

Next

こちらのnoteではファッション業界の最新ニュースを1週間に5本程度解説し、その先に起こり得る事や豆知識を盛り込んでご提供いたします。 三越伊勢丹グループが持つ店舗網を活用し、 首都圏に限らず、全国の、豊かな暮らしを志向するお客へアプローチする取り組み。

Next

リクライニングは38度。

Next

インスタ経由で店頭への送客は実現されていそうですが。 ソーシャルちょっと手を抜きすぎな感ありますが、、 やはり5000セッション以下。 新型車は赤と青の2種類を用意しており、座席は4列シートの計32席。

Next

問題があるとしたら、ラグジュアリーを取り扱っているのにも関わらずサイズガイドに関してセルフリッジはちょっと情報少ないような印象。 (ノレンノレンというラグジュアリーECで発足したはずなのに、いつの間にか「ISETAN MITSUKOSHI LUXURY」という店名になってますがドメインはそのまま) 集客の内訳は上記のような結果でした。 登録者数少ないのはこれのせいか。

・日本の百貨店がラグジュアリーECで成功しない理由 ・バロックジャパンのWeb戦略がわかりにくい件 ・TOKYOBASEのゾゾ依存度はまだまだ高まっている? ・やっぱり長続きしないインフルエンサー系サービス ・TSIホールディングスの上野商会買収は正しい戦略か? 日本の百貨店がラグジュアリーECで成功しない理由 英百貨店セルフリッジ(SELFRIDGES)の2018年1月通期決算は、売上高が前期比11. ソーシャルの割合は3%未満と少ない印象がありますが、セッション数は 200000セッションあります。 イギリスの百貨店であるセルフリッジが業績好調という事で報じられてるのですが、理由の一つに「ECへの投資」が挙げられてます。 。

Next