幸い と 存じ ます。 「幸いです」の意味と例文と書き方

過剰な敬語表現と捉えられないためにも、類語を使って言い回しをしてください。

Next

お願い事でもクッション言葉を使うと、相手への配慮を示せるので、言いたいことを伝えやすくなります。 とても素敵で思いやりが伝わるメールの文章…! 赤名さん、ありがとうございました。

Next

そんな時に「ご好意を示してくださり幸いに存じます」という文章を作成することができます。 日常会話ではあまり耳にしませんが、ビジネスメールやかしこまった場面でよく用いられます。 例えば「ご覧いただけますと幸いです」という文章だと、「ご覧」は「見る」の尊敬語であるため「見てもらえると嬉しいです」という意味になります。

非常に丁寧で良い印象を与える表現になっています。 しかし、あまりにも婉曲な書き方に専念してしまうと、肝心の内容が意味の通じないものになってしまう恐れがありますので、よく使われている言葉を上手に活用して、礼を尽くしていながら意味の分かりやすい文書作成ができるようになることが社会人としての重要な業務です。

Next

命令をしているのではなくて、資料を読んでくれたら自分は嬉しく感じます、と自分の感情を伝えているに過ぎないからです。

Next

そこで、ここからは「存じます」の使い方についての注意点を紹介していきます。 語尾に「です」が付いた丁寧語であるため目上の相手へ使える表現と言えます。 例文 ・このような伝統のある舞台に出演できて大変光栄です。

メールで「存じます」を使った例文 「ことと存じます」を使った例文 「ことと思います」を謙譲語で表現した言葉が「ことと存じます」です。 それでも、部下に対して、あまりにも敬意を示しすぎた言葉を使うのであれば、一緒に働いている同僚たちは違和感を覚えることでしょう。 例えば、職場の上司が社長があなたに対して好意を示してくださったとします。

使う頻度の高い敬語なだけに、正しく使うと相手にスマートな印象を持たれます。 もし、同僚や後輩を前に話す場合は、「まさに部長のおっしゃる通りだと思います」と表現するのが適切です。

Next