ジュラシック パーク あらすじ。 映画『ジュラシックパークⅢ』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

ストーリー [ ] で起こった「ジュラシック・パーク」の惨劇から22年後、インジェン社はマスラニ・グローバル社(マスラニ社)に買収され、島は サイモン・マスラニ社長の所有に渡る。 ハモンドは来年オープン予定のジュラシック・パークの視察に来てほしいと2人に頼んだ。 かくしてグラント博士はエリック少年と再会することになりました。

Next

ラプトル達にガス手榴弾を用いてアランを救ったり、小型の肉食竜除けとしてT-レックスの排泄液を回収するなど、逞しい活躍を見せる。

Next

恐竜復活の説明を受けるアランたちは研究所で卵から恐竜が孵化する現場を目撃します。

Next

恐竜好きのレックスは、アランにいろいろと質問する。 一方、インドミナスを抹殺する作戦でサイモンは兵士らを同乗させて自らヘリコプターを操縦。

しかしその2人は島で遭難してしまいます。 別の日 グラント博士はヴェロキラプトルについて講演会で語っていました。

ハモンド会長が巨額を投じて作った、白亜紀の恐竜を再現した娯楽施設『ジュラシック・パーク』なのです。

Next