レクサス is 新型。 LEXUS ‐ IS

リヤのデザインは、レクサスUXや新型ハリアーのように、左右がつながった、横一文字のデザインになるといわれています。 リヤ周りの新たなプレス技術の導入や、エレメントの配列、造形の吟味など、目立つ、特化する、ということではなく、存在感の強いものでもその形に特化しながらも馴染む造形のあり方を見据えているように思える。

Next

その他にもグリル・ロア部のエアインテーク、専用19インチ・アルミホイール、リアスポイラーなどの専用装備や、専用外板色ラディアントレッド・コントラストレイヤリングを採用した。 しかし、今回のマイナーチェンジはフルモデルチェンジに匹敵するビッグマイナーチェンジになるらしい。 TNGAのFRプラットフォームであるGA-Lがすでにあるにもかかわらず、マイナーチェンジでモデルライフを延命した。

Next

ただし、縦置きのクラウンと違って、新型ISにはカムリと同じく横置きの可能性も? (ベストカー11月10日号 講談社) 自動車雑誌では上記のような画像を予想してましたが、前述のようにレクサス新型ISは2020年秋頃にビッグマイナーチェンジを行う予定。 ESベースのピュアEVで「ISブランド」は販売終了か? 更に面白いフルモデルチェンジ情報もあります。

その後、2005年に登場した2代目モデル以降は、日本でもLEXUSブランドが展開されたこともあり、トヨタ版のアルテッツァは販売を終了して、ISとして販売を開始しました。 インパネ上部やドアパネルに有彩色を設定してツートンカラーにすることで、左右方向の広がりを強調。 レクサス 新型 IS レーンディパーチャーアラート[LDA]• 全グレードでブラックが選択できるようになっています。

Next

Apple CarPlayやAndroid Autoへの対応に加え、10. さらに、駐車場などにおけるアクセルとブレーキのペダル踏み間違い時の衝突や接近する後方車両との接触事故による衝撃を軽減する「パーキングサポートブレーキ」、周囲の安全確認をサポートする「パノラミックビューモニター」など新型ISには先進安全装備を積極的に導入しています。 次期クラウンもFF車に変わるという噂もあるぐらい。

Next

現時点で明確な発売日については明らかにされていませんが、既にレクサスディーラには一部の情報が流れているそうで、今回いつもお世話になっている担当セールスさんより独自取材にてヒアリングさせていただきました。 じゃ、そのビッグマイナーチェンジはどんなもの?ということになるので、そこを解説しよう。

Next