バイオ スパーク。 バイオスパーク(2015)

格上げ初戦だったことを思えば好走の部類で、その後中山金杯2着、福島民報杯3着と堅実に上位争いを繰り返し、夏の七夕賞は5着だったとはいえ、積極的な競馬から4角先頭で大いに見せ場をつくった。 バイオスパークは栗東・浜田多実雄厩舎の5歳牡馬で、父オルフェーヴル、母ナナヨーティアラ(母の父マイネルラヴ)。 1 0. 5 0. 元々折り合いは大丈夫な馬だと思っていましたし、そこは気にしていませんでした。

Next

勝利の記録• 3 0.。 ブログやFB,twitter,instagramなどでご案内いたします。

Next

9 H 36. 京都は4戦2勝2着2回と連対パーフェクトです。 3 - 35. ただ、底力はあるようなので、上り時計がかかって来て、 バテ比べになるとしぶとい。 【全着順】 1着バイオスパーク 1. さらに、今回実績馬の中には、キセキをはじめダンビュライト、ノーブルマーズ、ステイフーリッシュなど先行馬も多数出走。

0 16 4 8 1:50. 8 0. 5 - 36. 良い競馬。

Next

不良(未) 道悪は大丈夫。

Next

施術・セミナーのリクエストを承っております。 3戦目(1-3-0-0)• 4 S 34. あのときは半マイル47秒0で、前半1000m58秒8というハイラップを積極的に追いかけ、最後は脚が上がってしまったが先行したグループでは最先着を果たしている。 0 嶋田 5枠10番 アルバート 牡9 56. 初重賞制覇のバイオスパークはこの勝利で通算25戦5勝の戦績に。

Next