インデックス 登録 され まし た が サイト マップ に 送信 し てい ませ ん。 検索結果に表示されない原因と解決方法:新タイプのGoogle Search Console機能

xmlも作ったとか妄想。 xmlと同じでした。 サイトマップの構成 このサイトで、はてなブログのサイトマップの構成について確認しました。

Next

完了後画面 に登録できないとき 先ほどの手順でぶろぐの登録ができない場合の対処法についてもご紹介します。

Next

アクセスのたびに〜更新しないまで選ぶことができます。

Next

xmlに日本語表記のURLを記述してあれば別のURLと判断され、サイトマップに登録がないというメッセージが表示されるのです。 Search Consoleのヘルプにも• WordPressでは、各 xmlの中身は以下の通り。

たとえば「新規公開ページのURLを記述し忘れた」「URLを変更したのにsitemap. つまり、サイトマップは検索で引っかかる必要はないので、インデックスされる必要はない。

Next

まとめ 以上、インデックスされるまでのスピードを上げるための方法について列挙いたしました。

Next

つまり、いくら良い記事を作成したところで、その記事が正しくインデックスされていなければ誰の目にも触れることもありません。

Next

サイトマップを作成して• 新規の記事を更新した場合は、Fetch as Googleではなくサイトマップの送信を行います。 そのため、もし動的ページ以外のサイトマップ(sitemap. そんな場合は、Google Search Consoleの「URL検査」で該当のURLを入力し、「インデックス登録をリクエスト」から手動で更新させることができます! ただ更新リクエストをしてすぐに更新されるわけではなく、数分〜数時間のタイムラグがある場合がありますが、明示的に新しいURLをリクエストできるので、サイトを更新したら、インデックス登録をリクエストする、という流れを習慣づけると良いでしょう。 まとめ 早速ですが、まとめ3つです。

Next