単行本 と 文庫本 の 違い。 文庫について考える

文庫本のほうが、文字が詰まっている印象を受けやすいです。 新書とは? 新書は文庫本より少し大きいサイズ(縦長)の叢書です。

Next

通勤、通学中でも気軽に本を読むことができますし、自宅で保管する場合でも場所を取りません。 ここでは• 文庫本との違いとは 文庫本とは、単行本より小さいA6サイズほどの大きさで、単行本と比べると文字も小さく余白も少なくなります。

その作品がヒットしている時は、読者は単行本を購入するので作家も出版社も潤います。 文庫化される際に、誤植は勿論ですが表現方法など 一部加筆修正される作者さんも多くいらっしゃいます。

Next

紙質が丈夫で長期保存に適している。

Next

そのため、文庫は比較的大きな出版社しか出せません。 通勤通学のバスや電車の中で読書をしたい時は文庫本の方が幅も取らず持ちやすいのでベターかなと思います。 こちらはシリーズ本としても刊行されます。

多々あると思います。 文庫も単行本も一長一短ですが、あなたの読書習慣によって実は買うべき本の種類も違うのかも?!どちらがあなたにぴったりなのか、さっそく診断してみましょう! いかがでしたか?単行本、文庫本、どちらのタイプだったでしょうか? 本が好きでコレクションしている人は、 長期保存できて変形・損傷しづらいハードカバーを、出掛けた先で手軽に読書を楽しみたい人は、 持ち歩きに向いているソフトカバーがおすすめです。 もっとも、こんな人間でも例えば赤川次郎の文庫本であれば1時間かからないかもしれませんね。

Next

。 湿気対策に本棚には隙間をあけて本を収納する• 関連記事. ハードカバーなら尚更。

Next