本 好き の 下剋上 web。 香月 美夜の作品一覧

マグダレーナ ツェント・トラオクヴァールの第三夫人で、ヒルデブラントの母親。 批評 評論家の飯田一史は作中に、時代による書物観の違いや権力構造も変えうる本の力が描かれていることを見出し、「人類にとって書物とは何だったのか」を改めて気づかせてくれたと評価している。

Next

魔方陣やら魔力やらがお話しに出てきますけど、ファイア・ボールやアイスランスが飛び交う戦場で、モンスターを倒す冒険譚とは異なります。 バルトルト エーレンフェストの文官見習いで、旧ヴェローニカ派の子供の1人。 様々な魔術具があり、魔力を奉納することで様々な儀式を行う。

Next

には第二部も「」によるがされることが告知され、から実際に第二部の連載も開始された。

Next

作詞は岩里祐穂、作曲・編曲は白戸佑輔。 服飾専門の店が植物紙などを取り扱うことを嫌うギルド長と対立するなど既得権益に嬉々として喧嘩を売る。 エーレンフェストとダンケルフェルガーの共同研究である奉納式の儀式に参加し、そこで本当の神事を再現したローゼマインの姿を見て感激する。

2020年3月10日閲覧。 フェルディナンドの教育の一環としてエーレンフェストにいるローゼマインとの文通をおこなうようになり、心配したローゼマインからはフェルディナンドを諫める言葉や実の両親の声を録音したシュミルのぬいぐるみを贈られるようになるまで親しくなる。

Next

もっと多くの本を読みたかった、そんな未練を抱いた彼女は気が付くと異世界の幼女マインとしての体を持っていた。

Next

しかし、王子に引っ張り回される異世界デートは自分の理想のデートとは程遠いものだった。 親馬鹿でトゥーリの洗礼式に仕事が入り気になってそわそわして上級貴族から睨まれるも気にしなかった。