七つ屋 志のぶ の 宝石 匣 ネタバレ 42。 七つ屋志のぶの宝石匣【42話】最新話のネタバレ。ジュエリー店のクリスマス

七つ屋志のぶの宝石匣6巻 ネタバレ 志のぶは高校の同級生の有森家で、宝石の鑑定をすることになりました。

Next

やってしまったと、どうすればいいか困惑する志のぶだったが、一方で西は志のぶの鑑定が全問正解であることに驚いていた。

Next

狙い通り照正との接触に成功した顕定は、初めに失踪した叔父の石友の写真を入手することができました。 Story. 教授に聞いたところ、その手紙に会った『北上家の家宝の石』は、どうやら赤い石ではなく白いトパーズらしいことがわかったことで、自分が「赤い石」だと思っていただけで記憶違いかもしれないとショックを受けます。 行き先では蕎麦を打つ乃和の姿がありました。

Next

しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 江口は思わず吹いてしまいましたが、 猫好きな奥様は人目で気に入りました。

Next

出勤前に鷹臣に連絡をしようとしていたところ、店の前で栗田が待ち伏せをしていた。 女性は一瞥をくれると、すぐ久世が書いたデザインに目を戻します。

Next

そしてすぐさま、顕定のもとへ報告しに向かう。 すると顕定は 「力無くてもいいだろ。