障害 基礎 年金 2 級 金額。 障害年金でもらえる金額はいくら?受給額を簡単にシミュレーションしよう

「病歴・就労状況等申立書」は(社会保険労務士などが支援しながら)ご本人が作成します 受診状況等証明書と診断書は病院で作成してもらうものですが、病歴・就労状況等申立書は、発病日から請求時までの治療の経過、日常生活の状態、就労状況などについて、ご本人が作成する書類です。 障害厚生年金は、1級、2級、3級、障害手当金の4つの等級区分がある ということです。

Next

この加給年金は配偶者だけが対象ですので、子がいる場合でも加算はされません。 そして、「国民年金の第1号被保険者」とは2号でも3号でもない人です。 20歳より前に初診日がある場合には、「20歳前障害基礎年金」が適用されることになりますが、この20歳前障害基礎年金の場合には保険料納付要件を問われませんので、障害年金をもらえる可能性が出てきます。

障害基礎年金のみの場合の支給額 障害基礎年金には1級と2級があり、年金額は以下のようになります。 障害等級1級の具体的な障害の状態は、以下のように定められています。 対象となる配偶者とは、障害厚生年金の受給者に生計を維持されている65歳未満の配偶者のことです。

Next

この2つケースのように、障害等級によって受給金額の違いがあることがわかります。 ただしこれは身体の場合です。

Next

そして障害認定日の時点の障害の状態が障害認定基準に該当するか否かを、「国民年金・厚生年金保険障害認定基準」によって判断します。 これを繰り返し障害等級を決定します。 もしかすると、その前にその症状のために他の病院に行っていませんか? これらを思い出すことが初診日を確定させるためのプロセスとなります。

Next

障害基礎年金と障害厚生年金がありますが、どちらになるかは初診日(その病気や障害で初めて医療機関を受診した日)に加入していた年金の種類によって決まります。

Next

子の加算額・・・ 第1子・第2子 各224,300円・第3子以降 各 74,800円 *障害基礎年金のイメージ 子の加算もあるため、ご家族を持つ方にとっては手厚い制度となっています。 ただし、配偶者が一定の期間以上の老齢厚生年金や退職共済年金を受けられる場合や障害年金を受けられる場合は、その期間の配偶者加給年金額は支給停止されます(つまり配偶者加給年金額は加算されないということです)。

これによっても、障害厚生年金の金額確定は難しいというのはわかっていただけると思います。