竹下 隆一郎。 【特別編 第3回・東京】ハフポスト日本版 ×マザーハウス「『会社』はなくなってしまうのか? 多様化する働き方と、組織のかたち」|MOTHERHOUSE

(作家)• それに答えていくことで、世の中や日常を面白く切り取る方法を学ぶことができます。 そこで、調べてみようと思ってすぐに情報公開の申請をしたんです。

Next

(1987年10月 - 降板時期不明)• スタンフォードのワークショップについては、私の独自の解釈です。

Next

夜の宴席をやめようと呼びかけた「 飲み会やめる」、それぞれの人に合った100通りの育児を考える「 子どもの時間」、毎日の時間の使い方を見直す「 アタラアシイ時間」など身近な問題意識を元に数々のキャンペーンを展開してきた。

Next

アシスタントプロデューサー:橋本敏雄(以前はチーフディレクター)• 不安ばかりが募る。 私たちはウイルス感染を避けて家にこもり、経済活動も制限しながら生きています。 そして今「15分検索して見つからない人は有名人ではない」時代になってきていると思う。

宮崎支局(当時)、佐賀総局、西部報道センター経済グループ、東京本社経済部などをへて2013年からメディアラボ所属。

Next

「サステーナブルに」という制約で発展するだろう。 すかさずオピニオンリーダーは、講師の指示通り「NO(嫌だ)」と言うのですが、途端に教室は笑いに包まれました。

Next

(評論家、編集委員)• 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 「人脈」のためにつながらなくていい。 それは、本というものの新しいあり方であり、新しい時代の仲間づくりです。

Next

(1999年9月 - 2002年9月)• オピニオンリーダーはもじもじしながら、「いや、でもね、すしは、僕は好きなんだけど、苦手な人もいると思うんだ」とつぶやきました。 今回のお題は、みなさんの家庭にある宝物「家庭遺産」。 (ジャーナリスト)• 映画『すべての政府は嘘をつく』より、(写真左から)マイケル・ムーア(映画監督)、エイミー・グッドマン(報道番組「デモクラシー・ナウ!」創設者)、ノーム・チョムスキー(マサチューセッツ工科大学名誉教授)、I. 「でも、何?」とみんなが語りかけました。

Next