平松 洋子。 平松洋子さん vol.3「1日2食半が20年ほど続いている食のリズム」

それさえも今ひとつ自信がない。 そんななか、私の住む西荻窪という街は本当に昔のまま。 「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

Next

味について考えてみよう『おとなの味』 料理の味は調味料だけでは決まらない。 トングを握って、網の上で焼く肉に視線を注ぐ高橋さんの真剣な目。 エッセイストの平松洋子が手を使って料理をするよろこびを伝えます。

今夜は思い切って「おひとりさま」ディナーを満喫してみてはいかがでしょうか? 2、『サンドウィッチは銀座で』&『ステーキを下町で』~あえて逆にしてみました~ この組み合わせ、ふつうは逆ですよね。

Next

『とっておきのタイ料理』 、1993• 平松さんの心に深く刻まれた本の世界、本のもつ力について聞く。 いってみれば獲物を探して狩猟に出る感じ。

Next

出版社内容情報 害獣を地域の恵みに変えた島根県美郷町モデルからジビエ料理のフロンティアまで、「食の未来図」を丸ごと味わうノンフィクション!. ぜひ、おためしあれ。 獲ればやっぱりうれしい。

Next

。 あれから13年。

Next

一つの存在が自分の中にある。

Next