ブレイン ゲーム ネタバレ。 【ブレイン・ゲーム】映画あらすじ感想:コリンファレルVSアンソニーホプキンス

ラストの長いセリフの掛け合いもそうだが、そのまえの被害者の親族に会いに行ったシーンでも彼の演技力の高さは存分に発揮されていた。

このとき誰にも気づかれないように「数字の紙」をこっそり確認します。

Next

リーディング能力という特殊技法に寄りかかり過ぎて、映画の基本を見失ったと言って過言でないだろう。 すべては犯人の超人的予知能力を強調するためにほぼ てのひらで踊らされていた展開で構成されていることが原因だと思います。 少しむずかしいかもしれませんが、暗記と暗算ができれば「数字マジック」を習得することは不可能ではありません。

犯行現場や被害者に触れることで事件を読み解こうとする。 不気味な効果音と共に様々な画が走馬灯のようにして映るアノ演出。

Next

結末までの未来を読み合う頭脳戦も面白かった。

Next

他にも、本編の グラフィック演出がクリアではなく、ノイズやざらつき、モヤのかかったような感じになっている。 「こんな解釈もあるよ」程度でご覧頂きたい。 やがて、犯人はチャールズ・アンブローズという名前の男であることが判明するが、チャールズは超能力を駆使して犯行を重ねており、その能力はジョンを凌駕するものであった。

Next

日付は不明だが「どのように消息を絶ったのか?」「なぜ狙われたのか?」など、新聞などの資料によって推測が可能だ。 そして彼の予知通り女性が首の後部を刺されて死んでいた。 同僚として情報を共有していた恐れがあるため、狙われたのでは?と推測できる。