アントニ ガウディ。 サグラダ・ファミリア

2026年の完成予定が現実となれば、1980年代に見込まれた約300年という建築期間はその後の30年で半減し、約144年の工期で完成することになる。

Next

贖罪教会なので、資金調達は信者のに頼ってきた。 が54歳の時にした。 時事通信 20196-10-18. 同じ道を歩んだ人々を基準、目標としました。

Next

グエル公園• 安易なコラボレーションモデルではない、妥協なきデザインと職人魂を感じさせる逸品となっている。 1 人類の創造的才能を表現する傑作。 家賃は建設当時1500ペセタ [ ]と、一般職人の月給の約10倍であったためと見た目の評判の悪さから、なかなか借り手が見つからなかった。

Next

中央門では、受胎告知、キリストの降誕、祝福をする天使、東方の三博士や羊飼い達などが彫られている。 ガウディは、模型と、紐と錘を用いた実験道具を主に使ってサグラダ・ファミリアの構造を検討したとされる。

学生時代から学業と並行して建築設計事務所で働くようになり、パリ万国博覧会に出展する手袋店のためのショーケースをデザインしたところ、エウセビオ・グエル 繊維会社の経営者 の目に留まり、長きに渡って様々な設計 グエル邸やグエル公園など を依頼されることとなる。

Next

彼が依頼したグエル邸やグエル公園は、現在アントニ・ガウディ作品群の一つとしてユネスコに世界遺産として登録されているほどです。 カサ・バトリョ バルセロナ、アシャンプラのグラシア通り43番地に位置するカサ・バトリョは、1877年に建設された建物である。 建物全体だけでなく細部の写真が充実しているため、ガウディの特徴的なデザインの美しさや細やかさを存分に楽しむことができる一冊。

Next